ABOUT

「私たちが紡ぐ、これからの
1000年。」について

私たちが紡ぐ、これからの1000年。

ものごころついた時から経済は停滞し、
社会は課題だらけだった今の10代、20代。

ビジネスを通して、
社会課題に向き合うことになった地域企業。

働くこと・生きることについて
地域企業で働く人と若者たちが同じような思いや悩みを
持っていたとしても、今の京都には、
お互いの存在を感じられる場がほとんどありません。

これからの社会をつくる若者と地域企業が出会う場が増え、
年齢や立場を超えてフラットな関係性で学び合えたら、
京都はもっといいまちになる。

これからの1000年を紡ぐための小さな一歩が、
まちのあちらこちらにたくさん芽吹くことを目指します。

これからの1000年を紡ぐ
企業認定

これからの1000年を紡ぐ企業認定

社会的課題をビジネスで解決する企業を
後押しします。

「これからの1000年を紡ぐ企業認定」は、ソーシャルイノベーションに取り組む企業を応援する京都市の制度です。持続可能な社会の実現を目指し、社会的課題をビジネスで解決する企業や、社会的課題を生まない新しい商品・サービス・システムをつくり出す企業を認定します。

京都市は2015年から「京都市ソーシャル・イノベーション・クラスター構想」を掲げ、ソーシャルビジネスに取り組む企業や、その活動を応援する人々が京都に集い、京都から日本の未来を切り拓く動きを推進してきました。

認定を通して持続可能な社会を形づくる企業を支援し、1000年先に続く社会基盤を創り上げていきます。

  • 2015年〜

    イノベーション部門

    周囲を巻き込む力があり、社会的課題の解決への取組で社会にインパクトを与えられる事業者を認定

    認定企業:34社

  • 2023年〜

    社会・地域貢献部門

    日々の事業活動等を通じて社会的課題の解決やSDGs の推進等に取り組む事業者を認定

    認定企業:51社

    (2024.03時点)

募集について

募集期間:2024年 7月 18日 (木) ~ 9月 30日 (月)

2024年度から、本制度の「イノベーション部門」及び「社会・地域貢献部門」を統合し、
認定後支援の充実や更なるエコシステムの構築を目指します。

京都で 今日から 未来をはじめる

1000とKYOと

1000とKYOと

企業や若者とともに、
これからの働きかたを探索する場づくりを。

「1000とKYOと」は、1000年先に続く持続可能な社会をつくろうとする企業と若者たちとが新たに出会い、対話・交流し、協働しながら、これからの働きかた・生きかたをともに探索するプロジェクトです。

運営:一般社団法人ぼくみん前田展広事務所

  • イベント・活動
  • イベント・活動
  • イベント・活動
10代20代のためのはじまりの場「ぼくたちのこれからを語ろう」や、
認定企業と若者たちとのダイアログ「100人1000年 京都はたらく会議」など、
さまざまなイベント、ワークショップ、集まりを企画しています。
最新情報をSNSでご覧いただき、どうぞ気軽に足をお運びください。